鳩ヶ谷市の住宅展示場行く鳩ヶ谷市の住宅展示場行くについて

鳩ヶ谷市の住宅展示場の紹介について

鳩ヶ谷市の住宅展示場の紹介について

現在は、川口市にある元鳩ヶ谷市の住宅展示場を紹介します。

この住宅展示場は、2011年10月に鳩ヶ谷市が川口市に編入し合併して、現在の名前は、川口・鳩ヶ谷住宅公園となっています。

この住宅展示場は、2002年6月に開設されたもので、現在、モデルハウスが19棟建設されています。

この住宅公園は、SF社が企画および運営をしているもので、川口・鳩ヶ谷住宅公園をはじめとして、関東および甲信地区で69か所、モデルハウスの出店棟数は950棟にも上る住宅展示場を展開しています。

川口・鳩ヶ谷住宅公園は、最寄りの駅は、埼玉高速鉄道の鳩ヶ谷駅から徒歩1分、車の場合には、東京環状自動車道の川口ジャンクション経由首都高速川口線安行出口から2km程度の国道122号線沿いの鳩ヶ谷郵便局の隣にあります。

車の場合には、駐車台数は、60~70台程度あります。

6月には、イベントも開催され、大人も子供も楽しめるゲームやアトラクションも満載で、住宅を建てるに当たってのセミナーや個別相談会も開催されていました。

鳩ヶ谷市の住宅展示場のモデルハウスは、19棟で18棟は建築済みで、1棟は建築中です。

この鳩ヶ谷市の住宅展示場に建てている主な住宅メーカーについて紹介をします。

I社の住宅は、2階建てで2世帯住宅が同居可能な規模の大きい住宅となっています。

工法は、従来から実績のある木造軸組工法を採用し、天然木を多く使ったゆとりのある住宅に仕上がっています。

高水準の気密性および断熱性を装備したエコハウスとして、また、高耐久性および高耐震性を持った安心・安全な住宅であるとしています。

S社の住宅は、おしゃれでスタイリッシュで、街の風景に溶け込んだ外観が人気の住宅です。

工法は、木造軸組工法で3階建てを実現しています。

広々としたリビングが庭の景色と一体感を醸し出していて、ダイニングとキッチンとを一つにつなげ、家族のコミュニケーションが取りやすくしています。

T社の住宅は、ユニット工法を採用し実績のある3階建てを提供しています。

建築後もメンテナンス費用を抑えることができる住宅に仕上げています。

親との同居と子育ての療法を実現できる住宅です。

私のお勧めの住宅メーカーは、こちらです。

鳩ヶ谷市の住宅展示場について詳しく載ってますよ